ガイドライン 食事 底辺

マクロビオティックの標準食を知りたいという人のために、マクロビオティックでは食生活のガイドラインが示されています。

これはマクロビオティックの世界的権威である久司道夫が長年かけてまとめたもので、世界中で活用されています。

ガイドラインは三角形のピラミッド型で示され、底辺に近いほど日常的にしっかり摂りたい食材、上に行くほど時々食べる程度にしたい食材が示されています。

底辺に当たるのが全粒穀物で、一日の食事量の40%から60%を占めます。

米、小麦、大麦、とうもろこし、雑穀などの穀物を精白せずに食べます。

次に食事の5%から10%を占めるのが汁ものです。

日本では味噌汁が最適です。

野菜や海草、豆類を具にした汁ものが理想です。

そして1日の食べ物の20%から30%を占めるのが野菜です。

なるべく無農薬の地元の野菜を選び、煮物や炒め物など様々な調理法でいただきます。

全体の5%から10%が豆腐や納豆などの豆類、海草類です。

豆は大量に摂る必要はありませんが、毎日食べるのならカップに1杯くらいが適量です。

海藻は少量でも毎日少しずつ食べたいものです。

飲み物はカフェインの少ないお茶を選びます。

標準食としては以上ですが、肉類や卵、乳製品も月に数回程度、魚介涙や果物、ナッツ類は週に数回は食べてもよいとされています。

毎日の食事がマクロビオティックの標準食であれば、たまにお付き合いで肉料理やケーキなどの体に良くないものを食べても影響は少ないということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ