マクロビオティック食 肉料理 メニュー

マクロビオティックの食事を始めようと思っても、一緒に暮らす家族が好まないことがあります。

かといって通常食とマクロビオティック食の2種類を作ることは大変なストレスです。

玄米と白米の2種類を炊くのは面倒であり、とても不経済です。

せっかく始めたマクロビオティック食を挫折してしまうことになるでしょう。

一緒に暮らす家族なら、同じ食事をそろって食べるのが理想です。

もし家族が玄米を苦手なら、美味しく玄米を炊く方法を研究しましょう。

圧力なべや炊飯器など調理器具の選び方、水加減が味や食感の決め手になります。

最初は玄米チャーハンや玄米寿司など、見た目がよくて味付けがあるメニューから取り入れてみるのもおすすめです。

また毎食玄米を食べるのには抵抗があっても、週に一食から一日一食とだんだんと慣れてもらうのもよい方法です。

肉や魚料理は男性や子どもが好きなメニューです。

家族の好みを考えるとマクロビオティック食は無理だと諦めてしまう人も多いようです。

しかし難しく考えず、できることから取り入れてみるとよいでしょう。

海藻類は毎日食べる、週に2回までは肉料理をしてもよい、などと自分でルールを作ってみるのも一つの方法です。

肉料理が食べたい時に大豆を原料にしたベジミートなどを利用すれば、健康的に満足感を得ることができます。

最近ではマクロビオティックが日本でも広まり、マクロビオティック食のイメージを覆すようなメニューも紹介されています。

家族みんなでマクロビオティックを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ