牛乳 乳がん たんぱく質

家庭や学校の給食にすっかり定着している牛乳ですが、マクロビオティックでは牛乳や乳製品を避けたいものとしています。

牛乳は肉や卵と並んで、食生活の欧米化とともに日本の食卓に浸透していったものです。

完全栄養食品として学校給食でも推奨されている牛乳が、どうしてマクロビオティックでは避けたいもの食材なのでしょうか。

その理由は牛乳や乳製品が人間の体質に合っていないからです。

牛乳を飲むとお腹を壊すという人もいるように、牛乳は人間が消化、吸収するのが難しい食材なのです。

牛乳は牛の赤ちゃんを育てるためのもので、人間のために作られていません。

豊富に含まれる栄養素は粒子が大きくて吸収が困難なのです。

現代増えてきた病気の中には、乳製品が日常的に摂られることが原因にあるという考えがあります。

皮膚発疹、アトピー症状、アレルギー症状、ぜんそくなどがそうです。

子宮筋腫や乳がんなどの疾病の原因になることも考えられます。

カルシウムが豊富な牛乳をたくさん飲むと背が伸びる、と信じている子供も多いでしょう。

しかし牛乳を飲まなくても、よい食べ物はたくさんあります。

例えばひじきやわかめなどの海藻には、牛乳より多いカルシウムが含まれています。

ひじきの煮つけを食べれば、牛乳コップ一杯のカルシウムは取れてしまいます。

たんぱく質も玄米を食べていれば十分足りるようになっています。

マクロビオティックは牛乳を飲まなくても、豆類や海藻類、穀類、野菜などで十分な栄養が摂れる食事法なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ