玄米 アレルギー疾患 真っ白い精白米

今ほとんどの人はご飯といえば真っ白いご飯を思い浮かべるでしょう。

しかし昔の日本では茶色い玄米ご飯を食べていました。

マクロビオティックの食事では玄米を推奨しています。

これはマクロビオティックの基本である一物全体の考え方に基づいています。

米は完全栄養食品です。

真っ白い精白米は外側の部分が削って捨てられてしまいますが、捨てられる部分に大量の栄養素が含まれています。

栄養を多く含んでいる部分をわざわざ削って捨ててしまっているのです。

玄米を食べていた昔は米だけで十分な栄養を摂ることができました。

現代人は白米を食べることによって不足する栄養を、肉や卵などの動物性食品で補うようになりました。

このように日本人の食生活が動物性食品の多い欧米型に変わると、次第に生活習慣病やアレルギー疾患、その他様々な疾病が増加したのです。

そんな社会背景の中、健康志向が高まるとともに、玄米の良さは見直されるようになりました。

しかし体に良いとは分かっていても、玄米を炊く手間や玄米の風味や歯ごたえが苦手という人も多くいます。

そんな人はまず白米と玄米を混ぜて炊いたり、5分づき米などから始めると次第に慣れていきます。

玄米は圧力なべで炊くと早く美味しく炊けますが、玄米コースがある炊飯器も増えています。

玄米は良く噛んで食べる必要がありますが、唾液の分泌を促すため様々なよい効果があります。

また玄米だけで栄養が足りるため、他のおかずが少なくて済むのもありがたいことです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ