石塚左玄 食生活 食事指針

マクロビオティックが今日に至るまでには長い歴史があり、様々な人物が力を尽くしてきました。

ここではマクロビオティックの歴史について紹介します。

日本で最初にマクロビオティック運動を始めたのは桜沢如一だと言われています。

1900年頃、桜沢は医師である石塚左玄の食事療法を学びながら、独自にマクロビオティックの思想を考案しました。

その後桜沢やその教えを受けた人達は世界を巡り、マクロビオティックの考えを説きました。

アメリカでの普及に尽力した久司道夫もその一人です。

しかし1950年頃のアメリカでは、当時の栄養学と矛盾している点が多く、マクロビオティックは大きな反発を受けました。

さらに1960年後半なるとマクロビオティックを実践することによる疾病や栄養失調が報告され、一時政府によって禁止措置が取られることもあったようです。

しかし風土に合ったマクロビオティックを再構築すると反発もなくなり、次第に受け入れられていきました。

1960年頃のヨーロッパではマクロビオティックの食品工場やレストランなどが造られ、話題を集めるようになりました。

世界で話題になったマクロビオティックは日本へ逆輸入される形となりました。

1970年代にはアメリカの疾病の原因の多くが食生活にあるという反省に立ち、1977年には政府によってマクロビオティックの考えを基本とした食事指針が打ち出されました。

現在はハリウッド俳優や政治家などを始め、世界中で多くの人がマクロビオティックを実践し、そのブームは日本でも新しい食事法として取り入れられつつあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ