資格 食生活 飲食業界

マクロビオティックが注目を集めるようになり、日本ではマクロビオティックに関する資格を目指す人が増えています。

資格といってもこれは政府によって設けられた国家資格ではなく、各マクロビオティック団体が独自で設定した民間資格です。

そのため資格の名称や検定基準などは団体によって異なります。

近年注目を集めているマクロビオティックなだけに、資格制度を設ける団体の数は増え、それにともない資格取得のための通信教育やスクールなどが増えています。

マクロビオティックは奥の深い世界です。

資格を得るためには、いずれの団体の資格を目指すとしても、マクロビオティックの考え方や原則を理解し、食材に関する知識から効能、さらに食べ物の特性を生かした調理法など多くの知識を身につける必要があります。

また知識だけではなく技術の習得も必要です。

マクロビオティックの資格は自分や家族の食生活の改善に役立つことはもちろん、食育の専門家として教育や保育の分野、さらに医療や福祉、美容など様々な分野での活躍が期待されています。

将来レストランやカフェなど飲食業界で仕事をしたい人や、お料理教室を開業したい人にもお勧めの資格です。

実際に資格を目指そうとすると、数あるマクロビオティックの団体の中でどの団体の資格を目指せばよいものか迷う人も多いようです。

まずはHPや資料などで団体の設立主体や目的、設立された経緯などを調べてみましょう。

そして自分の目的や希望する進路などから最も適した団体の資格を選ぶとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ